歯科のIT活用

無線パーツ株式会社 ITサポート課

Wht

HOME ≫ パソコン豆知識 ≫

パソコン豆知識

181023_03

パソコンを便利に、快適に使いこなしていますか?
 「使ってはいるけど、思ったようにできない。」
 「これなら手作業の方が早い!」
         など思っている方も多いようです。
ちょっとしたコツで、イライラが解消し作業の効率がアップ!!

そんな「パソコン豆知識」を紹介するコーナーです。

年賀状の住所録を変換・移行してみよう

そろそろ年賀状シーズンですね。
今年買い替えたWindows10のパソコンで年賀状ソフトを起動してみると・・・
あれ??今まで使っていたのと違う年賀状ソフトが入っている!!
もちろん、今まで使っていた住所録はそのままでは利用できません。

WEB010住所録移行01
そんな時は・・・
【1】今まで利用していたソフトをインストールする。
  (移行元のバージョンによっては変換作業が必要な事もあります)
 →取扱店で購入しましょう。もちろん「無線パーツ」でも取り扱っています。

【2】住所録データを変換して利用する。
 →変換?なんだか大変そうなイメージですが、あきらめる前に説明書を見てみましょう。

 大まかな流れだけ見てみると、
WEB010住所録移行02
古いパソコンの住所録データをUSBメモリに書き出します。
 (説明書の、データの書き出し、バックアップ、データお引越し等の項目を見てみましょう)

新しいパソコンで住所録データを取り込みます。
 (説明書の、データの取り込み、変換、データお引越し等の項目を見てみましょう)

新しいバージョンのソフト同士なら、比較的簡単に変換できる場合が多いようですね。

でも、今まで利用していたソフトのバージョンが古かったりすると簡単な操作で変換できないこともあります。
そんな時には、今まで利用していた住所録を一度「CSV」という形式で書き出してから、新しいパソコンで取り込むことで変換できます。
「???」と思わず、一度説明書をご覧ください。
それでもダメな時は、お気軽にご相談ください。

あとは、ギリギリになって慌てないように、今のうちにプリンターが正常に動作するかも確認しておくといいと思います。

【過去の記事一覧】